イメージ画像

虫歯はもし見つかっても、すぐに削ってしまってはいけません!

このホームページの最初(トップページ)でもお伝えいたしましたが、虫歯といえども簡単に削ってしまってはいけません。
(まだお読みになられていらっしゃらなければこちら→鹿沼の歯科・岸野歯科医院TOPへ)
 

とにかく、まず徹底的に予防することから始めてみましょう。

今まで「予防」なんて考えてもみなかったのならなおさらです。
 

治療を希望される方の心理は多分、治療を完了してひとまず「ホッ…」としたい、そのために歯医者の言うなりになって、痛みのない小さい虫歯でもついでに治療を希望されるのでしょうが、予防する気持ちがあなたの中に芽生えていなければ歯科的な(安心)は決して得られません。
 

だから、決して歯医者に「虫歯があったら全部治してください」なんて、口が裂けても言ってはいけません。正しくは「虫歯があるかどうか調べてください。もしあったならば、どの程度の大きさか、今すぐ治療が必要かどうか教えてください。」です。
 

ただ、なんでもかんでも削らない・治療しないで済むという話ではありません。

誤解があるといけませんので、ここでは「削る・削らない」について簡単にご説明します。
 

どうしても歯・むし歯をしっかり削る必要のある場合

  1. 歯がズキズキ痛み、熱いものも冷たいものもしみる歯。また、大きな穴があいていて、すでに崩壊状態の歯。さらに、すでに神経が死んでいて膿んだり腫れたりしている歯。この場合はむし歯ももちろんですが、場合によっては神経を取る・あるいは最悪抜歯もありえます。
     
  2. 歯のないところに何か入れたいけれど、インプラントも入れ歯も受け入れられない場合。
     
  3. あちこちにむし歯があるにもかかわらず予防に興味を示さず、このまま放っておけば近いうちに多くの歯がだめになってしまう恐れのある場合。
     
  4. つめたりかぶせたりした歯のむし歯の再発の場合。(ただし、神経のない歯を除き、基本的には極力削らない治療の方針に従います。)
     
  5. 前歯などの見た目(=審美)が重要な場所に虫歯がある場合。

削らず 又は極力削らずに対処した方がいい場合

  1. むし歯が小さい場合はもちろん、中くらいのむし歯がレントゲンをとったことによって発見できたけれど、見た感じはさほど健全な歯と変わらず、痛みや違和感、しみるなどの症状がない場合。(この場合、削らない場合は積極的な予防・経過観察をすることが前提となります。予防もせずに虫歯を放置すればどうなってしまうかは皆さんもご存知でしょう。)
     
  2. まだ穴はあいていないけれど、色が変色し、レントゲンをとってもかなり大きなむし歯が内部にあると分かる場合。このタイプは予防で食い止めるのはやや困難でリスクがあるため、中に薬を作用させるためのわずかな穴(大きさはその時々で違い、中のむし歯の面をその穴からしっかり触れるギリギリの大きさ。ただし、従来の完全除去とは違ってできるだけ削らない。)をあけ、下の項3のタイプのむし歯と同じような環境に持ち込む。治療は項3と同じ
     
  3. すでに穴があいているが、痛みが特にないか多少しみる程度。この場合、大小にかかわらず中のやわらかくなったむし歯は最低限しか削らず、ある特殊な薬を入れるスペースを空ける程度にわずかに削る必要がある。その上を直接歯の色の硬い樹脂でつめる。

上記はかなり大まかな説明です。

やはり大きくなりすぎた虫歯・痛みをともなう虫歯は従来通り削ることが必要です。

ただ、歯医者と患者さんの密な連携・協力があれば、かなりの割合で今まで削っていた虫歯を経過観察に持ち込めるのです。

また、歯を削る原因としてかなりの割合を占めている「つめたりかぶせたりした治療済みの歯の虫歯の再発」「かぶせたものが取れてしまった」等の場合のやり直しの治療の際も、予防を徹底していた方とそうでない方の差は歴然です。

予防を徹底していた方の治療はあっという間に完了します。ほとんど虫歯がないからです。

対して、予防など全くしていなかった方の虫歯はかなり複雑で、ひどい場合は一度目の再治療の際にすでに神経まで虫歯が到達していることも珍しくはないのです。この場合は神経を取る治療が必要ですが、多分、2回目の再治療の際には抜かなければならなくなるかもしれません。

ぜひ、予防していただきたいです。

当歯科医院の具体的な虫歯予防

虫歯予防には色々な考え方・方法があります。また、歯科医院の数だけ考え方に違いがあるものと思いますが、多分、虫歯予防にフッ素を使わないところはないと思います。当医院でも当然フッ素を中心とした虫歯予防を実施しております。

以下、当歯科医院でお勧めしております予防コース各種のご説明をいたします。


虫歯予防コース

●【虫歯予防コース】・・・間隔は3~4カ月程度がおすすめ

このコースに適した方はおおむね虫歯も歯周病もなく、現在特にお口の中や歯の問題をお持ちでない方のうち、将来の虫歯や歯周病のリスクをできるだけ軽減したい方向けのコースです。

なぜ、何も問題がないのに予防が必要なのか?ということを質問されることがありますが、例えどんなによく磨けていらっしゃる方であっても、歯と歯の間やブリッジの直下(歯のないところのダミー部分)には割合多くの歯垢(プラーク)が必ず残されているものです。

また、右利き・左利きの違いでもよく磨けている場所とそうでないところがはっきりしてきます。

これらは、プラークを赤く染める液で染めれば一目瞭然で、どんなによく磨けている方でもわずかに、しかもほぼ決まって同じところに残っています。その場所はいつも手つかずのため、普通歯ブラシでは落としにくいほどの硬い歯垢となってこびりついています。

この【虫歯予防コース】では、赤染め後にその染まった部分を歯科衛生士がしっかり落とし、更に普段はおろそかになりやすい歯と歯の間やブリッジの横や底部にデンタルフロスや歯間ブラシを丁寧に使ってその汚れを取り除き、全体をお掃除した後にフッ素塗布を行います。

普段、歯は良く磨いているけどデンタルフロスまでは使っていない方、ブリッジが装着されている方、いつも磨きにくいと感じる場所がある方、フッ素塗布をご希望の方に最適なコースです。

所要時間は30分程度です。


PMTC虫歯予防コース

●【PMTC虫歯予防コース】…間隔は3カ月程度がおすすめ

このコースは主に、すでに虫歯があると判定され、必要なむし歯処置が完了し、残された経過観察に入るむし歯を管理するために最適なコースとなっております。

【虫歯予防コース】よりも細かい作業が必要なため、所要時間は60分程度です。【虫歯予防コース】との具体的な違いは、専用器具によるあらゆる歯面の徹底的な清掃・研磨をする点です。

そもそも虫歯になりやすい方は歯ブラシがうまくいっていないという習慣的な問題以前に、プラーク(歯垢)が停滞しやすいく、また硬く歯面にこびりつきやすいという特徴があり、どんなに一生懸命磨いていても時間の経過とともにこびりついたプラークの量が増え、それが原因となって虫歯が発生するのです。

ご存知ないかもしれませんが、一度固着したプラークはまず歯ブラシでこすり落とすことは不可能といっても良いくらい強力に歯にくっついてしまいます。これは、歯科医療従事者なら経験上理解できるのですが、患者さんはあまりよく理解できないところでしょう。

ただ本当に、なかなかとれないものなのです。例えて言うなら、河原の石をひっくり返して見るとヌメリがありますね、これとプラークは同じような状況でどちらも「バイオフィルム」というものです。これらは表面こそ割合簡単に落とせますが、石に強固にこびりついた部分は非常に取りにくいです。他に、台所のぬめりもバイオフィルムです。

これをこの【PMTC虫歯予防コース】では徹底的に落とします。そしてやはり、最終的にフッ素を塗布して仕上げます。

また、どう頑張っても虫歯になってしまう…定期健診のたびに新しい虫歯ができてしまう…といった方を対象に、お口の中のミュータンス菌を徹底的に殺菌する3DS(Dental Drug Delivery System)をオプションで実施することもできます。(PMTC虫歯予防コース以上が前提)


大変申し訳ありません、ただいま作成中のため、途中で終わっています。近日アップいたします。

このページの先頭へ