宇都宮の歯科医院へ行かれる患者さんの立場から見た問題

宇都宮の歯科医院へ行かれる患者さん向け情報

宇都宮の歯科医院に行かれる前の患者さんの不安・悩み

歯科医院・・・できれば行きたくないところですよね、でも仕方ない、特に前歯にかかわるトラブルが起きてしまった場合、見た目にいきなり問題が出てしまうわけですから、いやでも、忙しくても、何とかして治さなければなりません。mira-topro-bu.jpg

でも、躊躇してしまいます。なぜって、


「痛そう…」 「抜かなきゃいけない、なんて言われたら最悪!」 「前歯だし、きれいにいかなかったらやだなぁ、ヘタだったらどうしよう…」


などなど、いろいろありますよね。中でも心配なのが    


「お金、何十万円もかかるって言われたら…無理だったら断りきれるかしら。」 

「仕事が忙しいから何回も通えるかなぁ、1回じゃ終わらないだろうし。」


この2つが歯科に行くのをためらってしまう大きな原因であるのは誰がどう考えたって明らかです。


この2つって(もちろん、他のことも重要ですが)何とかならないんでしょうか?私たち歯医者から見たって、決して安い買い物じゃないなってことは十分理解していますし、皆さんお仕事もお忙しそうだということも伝わってきます。

もし自分だったら…病院にいって 「明後日の5時にいらっしゃい」 って言われたら、まずいけないと思います。

でも、安易に安く済むからといって保険の利く歯をすすめても、その歯にとって、またその人にとって最良の選択だとは言えないことも多いのですが、でも、いいからといって非常に高額なものを全ての人にすすめるのも現実的とは言えません。また、忙しいからと患者さん1人のために特別に何時間も時間を割くこともまず無理でしょう。


では、どうすべきか・・・j0386364.jpg

(歯医者のひとりごと)


歯科医院は一昔前の「歯医者黄金時代」のイメージが今も一般の方の間にはあるようで、


「お金儲けしている」 「リッチで優雅に遊んでいる」


という風な目で見られがちですが、実際は、まったくそんな優雅で儲かる職業とは程遠い、お嫁に行きたい職業のランキングに入ることはないような、きつくて悲しい職業になっています。

患者さんのためを思えば思うほどドツボにはまっていく、そんな感じですね。良いものを患者さんにお勧めする、当たり前のことなんだけれど、これがつらいのです。

もちろん、勧められた患者さんもつらいとは思いますけれども。

edit

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008