保険がきかない「白い前歯」ってどんなもの?

歯科の治療に際して、医科(内科や眼科など)と明らかに違う点は、

治療そのものに保険が使えるか、使えないか

ではないでしょうか?

一般的な感覚からしますと、 「医療サービスは保険がすべてきく」 という認識になっていると思いますので、歯科も「医科」ととらえればそのように感じても何ら不思議ではありません。

しかし、歯科のみの特徴とも言えるものに、


   「材料と精度にこだわるならば、上を見るときりがない。保険はその最低レベルでよい。」

   「必要最低限、噛めれば良い、健康には直接関係は無い。
    だから、最悪被せた歯がダメになっても入れ歯で噛めればそれで良い」


という、医科にはないような部分が「保険」の考え方の中にあります。言い換えれば

(扱う材料や治療法の選択肢が多く、患者さんが理解して何を使うか決めなければならないが、保険で扱えるものは必要最低限)

ということと、

(歯が抜けたら入れ歯があるし、その過程でより良い材料を使って長持ちさせるのであればそれは自己負担でどうぞ)

という、保険を運用する側の思惑が根底にあるため、、保険を選択されると本当に必要最低限の材料しか使えませんし、精度だって多くは望めません。

今回ご紹介させていただく (セラミックの白い歯) についても、我々の眼から見ると決して贅沢品ではないのです。ただ、現行の制度では残念ながらセラミック関連の歯は全て保険は利きません。

あまりこの話を続けると先に進めなくなってしまいますので、この辺にしておきますが、保険の「白い歯」と保険外の「セラミックの白い歯」は、似ていますが明らかに違いがあります。


細かな点はこの次のカテゴリーに解説してありますので、そちらを参考にしていただき(動画もあります)、ここでは一般的に選択され、強度も審美も持ち合わせたセラミック歯の代表格「メタルボンドクラウン」と、保険の前歯として多用されている「硬質レジン前装冠」の2つを比べてみます。

また、今回当医院で「セラミックの歯の価格革命」として、一般的な価格帯よりグッとお求めやすくさせていただく歯も、この「メタルボンドクラウン」です。


では、まずセラミック代表の「メタルボンドクラウン」について。ちなみに、クラウン=冠、メタル=金属という意味です。まずは写真で見てみましょう。(クリックすっると拡大します)

mbsanbon.JPGmbnaimen.JPG


写真左がメタルボンドクラウンを3本並べたところで、真ん中が表から見たところ。
写真右が真ん中の歯の裏面です。


見てお分かりのように、この「白い歯」は丸々セラミックではなく、外から見える部分はセラミックで、中の見えない、しかし精度や耐久性の必要なところは金属でできています。

実は、セラミックというものは非常に硬く、また透明感もあるため、天然の歯のように美しく仕上げられる反面、曲げるような力に弱く、また土台となる歯に接着しにくいといった欠点があります。

対する金属(ここでの使用金属は金や白金をメインにしたメタルボンド用金属の説明になります。内面は接着をしやすくするために研磨なをあえてせず、粗な面になっています。外側の銀色に光っている面は研磨済みです。金が多く含まれている割に銀色が強いのは金のほかに白金が多量に含まれていることや、その他の金属の配合があるためで、決して銀ではありません。非常に高価な合金で、高いものでは純金の約2倍はします。)は、全く審美的とはいえませんが、そのほかの性質は非常に良好で、特に型を取り作製した歯型に精密に合わせることができるのが最大の利点でしょう。

この両者の利点・欠点を補い合って完成させるのが「メタルボンドクラウン」です。

下の写真は、メタルボンドをなくなった歯の両隣にも適用して、いわゆる橋渡しの固定性の歯を作った「メタルボンドブリッジ」を作製段階の内面の金属だけと、それにセラミックを焼成して完成させたものを並べたものです。お分かりかと思いますが、内面の金属がこのブロックの強度を保っているために、少々の長さになっても割れたりはしません。

mbtofura-muzensibr.JPGmbtofura-mukyuusibr.JPG

[メタルボンドクラウン特徴]

金属・セラミックともに口の中の過酷な条件にもびくともしない耐久性を持ち、変色も全くせず、長期耐久性に優れる。オールセラミック(後説)に比べて耐久性に優れ、歯との接合部は金属でカバーしてあるので精度抜群。ただし、内面に金属を使用するため、オールセラミックに比べて若干透明度が低いが、内部の歯が変色していたり、色合いが難しい場合などにおいてはかえってオールセラミックよりも審美的に仕上げられることも多い。


次に、保険にて扱える「硬質レジン前装冠」です。硬質レジン=硬質プラスチックというイメージで大体OKです。同じく写真を見てみましょう。全て向かって左がメタルボンドクラウン、右が保険適用の硬質レジン前装クラウンです。メタルボンド側の内面の縁が少し黄色がかっているのは、金属の影が外に影響を与えにくいように、意図して処理しています。念のため。(クリックすっると拡大します)

mb-zensouhikakuura.JPGmb-zensouhikakumae.JPGmb-zensouhikakuyoko.JPG

ん?似ていますね。でもメタルボンドとは決定的に違うところがあります。それは、


・白い部分が硬質レジンのため、中側の金属とは物理的にくっついている(接着)に過ぎず常に白い部分が剥離してしまう恐れがある。(メタルボンドは金属とセラミックを高温で焼付け融合させていますので、界面で折れてしまう心配はほとんどありません。)

・かみ合わせの力に勝てないため、直接力がかかる切端ギリギリまで裏面を金属で覆わなければならない。これは、つけてしまえば本人には見えませんが、他人からは見えてしまうこともあるので要注意です。

・硬質レジン部分は吸水性や着色性があり、数年という短期間のうちに変色や劣化が起こることは避けられない。また、耐摩耗性も乏しく、硬めの歯ブラシで強く磨いている方は毎日の歯ブラシで表面がはげてくることもある。

・使用金属が限定されているため(12%銀パラジウム合金)硬すぎたり、歯型に合わせる時の鋳造精度に問題がある。

・現在はどんなタイプの歯でも専門の歯科技工士さんが歯科医師に代わって作製しているが、硬質レジン前装冠を一本作製するための費用はすでにかなり低めに設定されてしまっているため、作製に費やすことができる時間が短く、妥協的なものができてしまいやすい。


と、いろいろな難点を抱えています。

ただ、保険が利くためにとにかく「支払いを抑えたい!」という方には選択肢としてはいいと思いますし、そのあたりはご本人にゆだねるしかありません。
でも、選択に当たって、こういった内容は必ず治療をお受けになるご本人が把握しておかなければならないと思います。ただし、やはり説明の時間にしてもたくさん確保できるとは限りませんので、こういった機会に知っていただけたらありがたいです。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008