歯科医院として当然行うべきこと

ここで、当歯科医院の基本的な考え方・ポリシーについて少し説明させていただきます。


まず、歯科医院として、何よりもまず優先させたい項目は何かといえば、どうしても

治療結果」 「患者さんにプレッシャーをかけない治療・痛くない治療」 「良い雰囲気作り

などに目がいきがちになります。しかし、当医院の考えているところは少し違いがあります。


当医院が目指しているところは


    「できるだけ治療に頼らない、頼らなくてもいい環境作りのサポート」


これです。これが一番です

歯科医院はともすると、「歯が痛くなったときの治療・歯が抜けたりしたときの治療」にいく所というように一般的には理解されていると思いますが、それは 「日本の保険制度」 が海外に比べてかなり遅れをとっているために皆さんがそう思い込んでいるだけです。


もうずっと以前から、他の歯科医療先進諸国は気がついています。


「歯は削れば削っただけ確実に悪くなるぞ!何とか、国を挙げて歯を削らない、治療に頼らないための予防という認識を持ってもらわなければダメだ」


これは、紛れもなく事実です。歯は、削ってしまえば何か詰めたり、被せたりしなければ形になりませんが、たとえそれがうまくいったとしても削ってしまった歯は戻ってきません。

もちろん、その歯がその後何のトラブルもなく一生をともにできればいいのですが、データとして「一度削ったり被せたりした歯は、非常に高い確率で再度ダメになり、一生の途中で抜かれることが多い」のです。

ですから当歯科医院では、その「できるだけ歯を削らないこと」を一番重要な点として考えています。削って詰めて、被せてハイ終わり…が仕事だなんて考えていません。


もちろん、治療に際しては削っていかなければどうしようもないことがほとんどですので、それこそ毎日ほとんどの方の歯を削らせていただいてはいますが、その方たちの中には多分、今言ったような考え方はないはずで、治療も大切ですがその方がその後また同じような問題を抱えることが無いよう、しっかりとした「虫歯や歯周病にならないぞという考え方」をお渡ししたいと思っています。


ただ、このことは口で言うのは簡単ですが、実際はものすごく大変。患者さんの多くはある程度そういうふうな説明に納得していただける方ですが、中には

   「ここは歯医者だろ?治してくれればいいから。悪くなったらまた来るし。」

のような、取り付く島のない方もかなりいらっしゃいます。ですが、当医院のポリシーは曲げません!皆さん、御来院の際にはぜひご協力のほどお願いいたします。



そして、そのほかの当医院の情報として、医院の中で毎日どんな所に気をつけて仕事をしているか、雰囲気だけでも感じていただきたいので、写真とともにご説明させていただきます。

■消毒・衛生関連----------

IMG_2754.jpg
通常使用する切削器具はもちろん、ほとんど全ての小器具や用具は完全滅菌するためにパッキンされ、高圧蒸気滅菌気で処理しています。パッキンの保護効果により、中は完全無菌の状態を最低数週間は維持できます。このようにほとんどの小物をパッキンすることで、使いたいものをいつでも完全に無菌の状態から取りだせるので大変便利です。


IMG_2755.jpg
診療チェアーのヘッドレストカバーはディスポーザブル(使い捨て)で、患者様の治療終了ごとに毎回交換しています。また、診療チェアーやその周辺も毎回低濃度の塩素系消毒液を含んだタオルで隅々まで清拭しています。よって、診療チェアーやその周辺の傷む速度は非常に速く、表面が劣化して見た目が悪くなっておりますが、安心して治療に臨むためにやむを得ないと考えております。ご容赦下さい。


IMG_2757.jpg
高圧蒸気滅菌器です。パッキンした器具等をこの中に入れ、高温にて処理します。このほかに3台、計4台が毎日稼動しています。


IMG_2760.jpg
診療チェアーがスタンバイの状態は、治療器具は全て付いていません。これから滅菌された器具をつけていくところです。エアーや水を出すノズルも全て滅菌処理にまわします。また、歯科医師をはじめ、直接患者様に関る歯科衛生士はもちろん、歯科助手も患者様ごとにグローブを廃棄(ディスポーザブル)しています。


IMG_2761.jpg
診療チェアーには通常、薬液採取用の入れ物が並んでいますが、当院では薬液をできるだけ衛生的に使うために写真のように滴下タイプの採取ボトルとし、採取用に使いきりのプラスチック容器を採用しています。


■機械・器具等----------

IMG_2758.jpg
位相差顕微鏡です。患者様のお口の中にいる細菌は、悪性度が高くなってくると非常に活発に動きます。その状況をしっかり確認していただくことは、患者様自身がプラークコントロールの重要性を理解していただくために非常に役に立ちます。また、状況の変化を記録し、後日比較するために画像を患者様毎に保存しておくことができます。


IMG_2759.jpg
左が高精度自動血圧計、右が笑気吸入鎮静器です。主にインプラント手術時に使用します。


IMG_2762.jpg
歯科用の特殊なレーザー「ウォーターレーザー」です。非常にパワーがあり、小さい虫歯は麻酔無しで削れます。また、少量の歯肉切開等は無麻酔で可能なほか、知覚過敏の強い患者様やインプラントのメンテナンスにと、大変使い勝手の良い優れたレーザーです。


何回か出てきていますが再度念を押しておきますが、

「同じ経費を使うのなら、患者さんの利益により直結したものには費用を惜しみなく使い、あまり関係のないところには極端に出し惜しむ」

ことを忠実に実行していますのでこのような環境を作り出せます。

例えば、歯科用高速切削器具「エアータービン」など、直接お口に入るような器具は当医院では毎回、使っても使わなくても袋から出したものは全て「完全滅菌」の対象にしていますので、ランニングコストがものすごくかかります。

なぜなら、それらを作業する人件費と、材料費、滅菌器にかけるたびに高圧で処理するため、寿命が約1/3まで短くなってしまっていますので、その修理や部品の取替え・ダメになったときには買い替えを毎月のようにやっていて、このコストは月に数十万円はかかってきます。

でも、患者さんの絶対の安心を得るには安い買い物です。安心して我々も治療に専念できます。


もし、いらっしゃった際にはぜひ、そんなところも見ていただければうれしいですね。

   

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008