前歯に被せるのって保険が使えるの?

現行の保険の範囲内でも、前歯に被せ物をすることは可能です。

また、数本の前歯がなくなってしまった場合にも対応は可能で、いわゆるブリッジ(=架橋義歯・歯と歯をつないで固定し、一括して歯の抜けたところも補う方法。接着固定性です。)を入れることになります。ただし、

  • なくなっている本数や配置によっては保険適用されない場合もある
  • かぶせること自体は可能だが、使用材料や作製方法・精度・耐久性など、どれをとっても決して現在の最高レベルの技術とは程遠く、また、表面が白い樹脂(プラスチックのようなもの)のため、はじめから色が合わなかったり、短期間に変色しやすいなど、問題が多い

など、患者さんの期待に応えることが難しく、常に私達歯医者を悩ませます。

正直なところ、もし自分の歯だったら保険の歯は絶対入れません。親兄弟にも入れることはないでしょう。また、歯科医院で勤めているスタッフにも多分、そういう気持ちを持っている人は多いと思います。


大切な、一度きりしか与えられていないかけがえのない「歯」ですから、より自然に、長持ちすることを最優先して考えたいところです。

歯医者の器具歯科治療中歯科器具歯科器具

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008