イメージ画像

歯を悪くする最大の原因は むし歯?歯周病?いいえ、違います!

歯医者(歯科医師)なら多分、誰でもわかっていることだと思います。
 

ひょっとすると、歯科に勤務している歯科衛生士さんたちのなかでも、
臨床経験が豊富な方ならこのことは知っているかもしれません。
 

しかし、逆に歯科医院に訪れる多くの患者さんたちは
このことについて考えたことも無いはずです。


その原因とは何か・・・
 
それは、むし歯を削るためだとしても、ブリッジにするという理由があっても、
 

  • 歯を削ることが、歯をダメにする最大の原因です!

 
「ええ~っ?」と思われましたか?
 

でも、これって本当なんです。


このホームページを今ご覧になっているあなたも、
もし歯医者でむし歯の治療をお受けになられた経験があったならば、
歯を削られている時にこんな風に思われたに違いありません。


「私の歯、こんなに削られてしまって大丈夫なのかしら?」


いいえ、ぜんぜん大丈夫ではありません。

歯は削れば削るほど弱ってしまいます。


まして、大きな穴を空けたうえに神経まで取ってしまったら歯は枯れ木のように弱くなり、
たとえかぶせて補強したとしても将来かむ力に負けて折れたり押しつぶされたるする
危険性が付きまとうことになります。
 

でも、歯を削られている患者さんはかたくなに信じているようです。


「どんなに削っても、きっと元通りのように治してくれる。
                 ・・・だから痛いけど今回だけ我慢しよう!」
 

・・・すみません!

多分どんな名医が治療したとしても、削った歯は物理的な原因で元の歯よりも必ず弱くなります。

逆にもし、虫歯になっても治療すれば何の問題もなくなるのであれば、「早期発見・早期治療」も「予防」もしなくてもいいはずですが、実際にはそんなことはないわけです。
 

では、なぜ歯医者は毎日、歯を弱らせるとわかっているのに歯やむし歯を削っているのでしょう?

それは、

  • 【理由】その1 むし歯は全てとる必要があるから
  • むし歯を削ってしまわないと更にひどいむし歯になってしまい、手の施しようが無くなる…と、今現在もほとんどの歯科医師が信じているため。
     
    (→これが今の歯科会の常識。虫歯菌の進入してしまった歯の質はとにかく全て取り去ってしまわないと必ず再発すると考えられています。)
  • 【理由】その2 ブリッジを希望されたから
  • 歯が無い場所に歯を入れる第一選択が、費用の関係でインプラントでなくブリッジと呼ばれる固定性の橋渡し義歯であり、両サイドの歯をかなり削らないと入らないから。(入れ歯も可能ですが、普通やりません。噛むと動くし、食べ物は詰まるし取り外すのが面倒、やっぱり入れ歯ではいや!…などなどの理由から。)
  • 【理由】その3 保険制度
  • 現行の保険制度が「むし歯を削る」ことに対しての給付が原則であり、「むし歯だけど予防」というパターンに追いついていない。なので、中くらいのむし歯を見つけて、(でも、もしかするとこの歯のむし歯の進行を止めて削る時期を先送りできるかも知れません)という流れにはならない。
  • 【理由】その4 それ以外方法が無いから
  • そもそも、歯医者自体が毎日の治療の流れから、歯を削ること(もちろん削ったうえで神経を取ってしまうこと・ブリッジにするために歯を大量に削ってしまうことも含まれます)を当たり前の行為と思い、抵抗もあまり無く、仕事としてこなしている。また、歯を削ることには抵抗があっても(特に健全な歯をブリッジにする選択をされると、削っている歯がいたたまれない気持ちになります。)それ以外方法がないのであきらめてそうしている。

このようなことが主な理由となり、歯医者に行くと虫歯を見つけられ、
自動的に削って埋められるか、かぶせられてしまうんですよね。

「仕事だから仕方ない…仕方ないけれど…」

私自身、いつも、いつも考えさせられます。

「なんとかならないものかなあ…」

早期発見・早期治療で本当にいいのか?

もちろん、むし歯は放置しておいても通常自然治癒することはありません。
虫歯が疑われる場合は歯医者に行かれて治療又は指導を受けることが必要になるでしょう。
 

ただ、よく覚えておいていただきたいことがあります。それは、
 

● むし歯は小さいうちは削らない方がいい。また、少々中で大きくなったように見える虫歯でも、穴が開いていない場合はまず予防を徹底して様子を見ていくのが、結果として歯は長持ちする。

 
ということ。

なぜなら、自分の持っている硬い歯の外層構造ほど緻密で強いものはないからです。
 

逆を言えば、たとえむし歯を削って何かをつめたとしても、単に「修理した」だけです。

イメージでは(穴があいたりヒビが入ってしまった卵の殻)という感じでしょうか。
そして、その卵のからを一生懸命に修理してもかなり厳しいと直感でわかりますよね?

まあ、卵の殻ほど極端ではないとしても、同じようなことが歯にも当てはまります。

 
そして、1度削られた歯は、毎日の「噛む」という強大な力への抵抗力が大幅に落ち、
同時に詰め物にもその「噛む」力はかかり続け、その圧力のために時間の経過とともに
歯と詰め物の境い目がゆるみ始めます。
 
その結果、むし歯の再発やつめたものやかぶせたものがとれてしまうようなトラブルが
治療を繰り返す度ごとに頻繁に起こるようになるでしょう。
 

つまり、最初に削ったことが原因で、
延々と続く治療のサイクルに入りこんでしまうかもしれません。

 
だから、そうならないためにもとにかくまず削らないことから考えたいのです。

しかも、削らなければあの痛い麻酔注射もしなくてすみます。



しかし、今までと同じ考え方で治療にあたっていたのではそれは実現できません。
そこで、2つの「削らない方針を支える柱」が必要です。

まず1つ目の柱が
 

「できるだけむし歯を早期発見し、症状がなければまず徹底予防で経過観察」
 

この中には、今まで見つけ次第すぐに削ってしまっていた
中くらいの虫歯もできるだけ含むような基準の見直しが必要となります。

そして、2つ目の柱は
 

「大きくなった虫歯も必要以上は決して削らない」こと。
 

ただ、それには削らなくてもいい技術的な裏付けが必要となってきます。

あまり削らない・虫歯を取りきらない方法が可能になったわけ

最初のほうでもご説明しましたが、むし歯は現在の歯科の常識ではすべて取り去るのが原則です。

とらなければ必ず再発するといってもいいと思います。

なので、いたずらに経過観察しても、もしむし歯が大きくなってしまった場合は、発見した当初より更に厳しい状況からの治療をする羽目になることは必至です。だから、「早期発見・早期治療」も「虫歯を完全除去」も理にかなっているといえますが・・・
 

私自身いつも疑問に思っていたのです。


いくら虫歯だといっても、こんなに削ってしまったら
 
歯がダメになってしまうじゃないか・・・!
 

むし歯があまり大きくないなと最初に感じた歯であっても、そのむし歯をとりきるためにあけなければいけない穴は、最終的には常に相当大きなものになってしまうのです。

なぜなら、虫歯は 最初に入った入口は小さく、中で末広がりに大きくなるように進行する からです。

その虫歯を取りきるのですから、物理的に考えてもそれ以上の大きな穴をどこかに必ずあけなければならず、これが毎日私を漠然と悩ませてきました。

 
そして、もちろんそれを回避するための技術や情報がないか、インターネットや書籍はもちろん、歯科大に訪れたときには必ず最新技術の情報交換を欠かしませんでした。
 

そして、とうとう画期的な虫歯の治療法と出会えました。
 

この方法があれば、中くらいのむし歯でも長期観察に持ち込み、むし歯が大きくなる傾向が出た時点で処置しても十分間に合う可能性が高くなり、麻酔の注射もほとんど必要とせず、しかも安心して予防に踏み切れるために結果として多くの歯を1度も削らずに一生役に立たせることができそうです。

このページの先頭へ